[PR]

扉の外 III

戻る

前作「扉の外 II」の続編にしてシリーズ完結編。
話の大筋や仕掛けは前作・前々作と同じです。
三作目ともなれば展開も容易に読め、ショップに新たな商品が追加される頃には最後の落としどころまで容易に予想がつきます。
そしてシリーズ全三巻を俯瞰してみると、ワンパターンに徹した一巻・二巻・三巻の全てが、直接的に描かれなかった「第四巻」を想像させるための伏線になっています。
読み切ってみて、これほど嫌な気分になれる作品も多くはないでしょう。
一巻・二巻の伏線まで回収して大切に育てていれば更に凄い作品になっていたのではという気もしますが、もし終わらせるならば何処へ終わらせるかという点では妥当な終わらせ方であったような気がします。

とりあえず、このシリーズは「良かったよ」とか「面白かったよ」と人に薦める本ではないですね。
私なら「これ、凄かったよ」と言って薦める作品です。
「土橋 真二郎」...この名前は覚えておきましょう。
次の登場が楽しみです。

<他に贔屓にしているライトノベル>
時雨沢恵一*(キノの旅, アリソン)
上遠野浩平*(ブギーポップ)
田口仙年堂(吉永さん家のガーゴイル*
成田良悟(バッカーノ*


Google
ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。匿名で送信できます。

 * 返信が必要な場合には postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp へ直接メールしてください。

水無瀬 優 postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp
http://katsura-kotonoha.sakura.ne.jp/etc/tobira3.shtml

あなたの作った歌をソフトウェアが人間の声で歌う! これぞ近未来のソフトウェア!
これを流行の一言ですませてはいけない! 技術的にもコンセプト的にも凄い!