[PR]

指定行へ移動可能なコンパイル・メッセージを出力する

戻る

#pragma message( output_message )

 プラグマ前処理指令を使って [アウトプット] ウィンドウにメッセージを出力することができます。
 出力されるメッセージにファイル名と行番号を指定すると、メッセージを選択することによって指定行へ移動することができます。

使用例

#define STRINGIZE(x) #x
#define STRINGIZEEX(macro) STRINGIZE(macro)
#define memo(msg) message(__FILE__"("STRINGIZEEX(__LINE__)") : "msg)

#pragma memo( "隊長! " STRINGIZEEX(__LINE__) " 行目で、未決仕様を発見しました。" )

出力例

--------------------構成: tips - Win32 Debug--------------------
コンパイル中...
vc_tip09.cpp
C:\Program\MS\VS\Project\web\tips\vc\vc_tip09.cpp(14) : 隊長! 14 行目で、未決仕様を発見しました。

vc_tip09.obj - エラー 0、警告 0

Google
ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。匿名で送信できます。

 * 返信が必要な場合には postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp へ直接メールしてください。

水無瀬 優 postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp

あなたの作った歌をソフトウェアが人間の声で歌う! これぞ近未来のソフトウェア!
これを流行の一言ですませてはいけない! 技術的にもコンセプト的にも凄い!