[PR]

水無瀬の部屋 > My Push > ゲーム > 果てしなく青い、この空の下で…。

果てしなく青い、この空の下で…。 TOPCAT とは英語の俗語で「番長」の意。cat は dog より下位の扱いで top dog ほどではない小集団の長と言ったところ。ちなみに top dog は最高位の勝利者、under dog は敗北者(負け犬)の意。

 まず第一に、この作品は「感動物」や「お涙頂戴物」ではありません。
 TOPCAT が出している以上、ただの「恋愛物」でもありません。
 もちろん普通の「学園物」ですらありません。
 とりあえず、甘い予想でゲームを始めて、思いっきり予想を裏切られてください。
 最初から最後まで、ハイセンス&ハイクオリティで感性ぶっちぎりです。
 個人的にはPCゲーム史上最高級の傑作だと思っています。

<作品紹介>
 対応OS …… Windows95/98
 メーカー …… TOPCAT(アコテノーズ)
 スタイル …… ノベル形式AVG(18禁)
 ジャンル …… 和風伝奇物
 音声 …… なし
 音楽 …… CD−DA・WAVE
 原画 …… たかみち
 シナリオ …… 鷹取兵馬
 機能 …… スキップ可能・CG鑑賞有り・主人公の名前変更可能
 プレイ時間 …… 3〜5時間/一人

<物語>
 「本年度をもって本学園は閉鎖となります、皆さんどうか最後の一年間を大切に過ごして下さい」
 春の始業式で先生がそう言った。
 生徒数は俺を含めて5人だけ。
 覚悟はしていた事だった。
 最後の一年、皆はどう過ごすのだろう?
 幼い時からずっと一緒に遊んできた女の子達も、来年にはそれぞれ離ればなれになってしまう。
 見上げれば果てしなく青い空が俺を包みこむように広がっていた。
 いつまでも終わることがないと思っていた「今」という時間。
 時の流れとともに変わることを余儀なくされた学園、安曇村、そして生徒達……。
 これから、俺達はどうなっていくのだろう……

<関連商品>
 小説1〜3巻 (ムービック出版課
 ドラマCD全2巻 (ムービック出版課
 公式ビジュアルブック (KKベストセラーズ
 サウンドトラック (candystore
 アレンジCD『蒼天』 (Little Wing
 PS移植版『どこまでも青く…』 (KID

<関連リンク>
 TOPCAT
 青空オンリー同人即売会『乙女達の憂鬱』
 青空カラオケ推進企画ページ
 青空合同誌企画ページ
 青空SSリンク集
 青空ファンサイト集


<シナリオ構成>
 登場人物ごとにシナリオとエンディングが用意されています。
 それぞれの物語が互いに絡み合い、一つの大きな物語を構成していきます。
 すべてのシナリオを読み終えた時、初めて物語の全体像が分かるようになります。
 各シナリオは始業式・春・夏・秋・冬の5部で構成されますが、シナリオの分岐は始業式から始まります。
 そのため、どれか一つのシナリオを読んだあとでも、二つ目のシナリオを文章の重複なく楽しむことができます。
 また、グッドエンドだけに限らず、各登場人物のバッドエンドにも非常に力が込められています。

<音楽効果>
 鳥の囀り、蝉の鳴き声、小川のせせらぎ、降り積もる雪の音……
 「自然」の雰囲気を出すため、効果音を重視した構成になっています。
 重要なシーンでのみ曲が流れる「無音による音楽効果」が素晴らしいです。
 もちろん曲単体としてのデキも良く、タイトル画面で音楽を聴いた瞬間にビビビッと感じるものがありました。

<画像>
 徹底して背景が描き込まれています。
 全体として地味に感じますが、結果として作風に良く同調した完成美を実現していると思います。

<システム>
 普通にゲームをプレイするだけであれば、十分な機能が揃っていると思います。
 ただ、シーン回想や音楽鑑賞などの機能がないのは少し寂しい気がします。

<OPムービー>
 内容は素晴らしいのですが、あまり画質が良いとは言えません。
 できればサントラに収録されている高画質版ムービーを御覧になってください。
 はっきり言って、驚愕のデキです。

<主要登場人物>
・戒田正士(かいた まさし)[名前変更可能]
 本ゲームの主人公。
 無意識のうちに側にいる人のことまで考えてしまう「おめでたい人」らしい。
 優柔不断なところはあるが、周りからの信頼が厚い。

・芳野雨音(よしの あまね)
 このゲームの表のヒロイン?
 数年前に両親が夜逃げし、今は一人暮らしをしている。
 静かで大人しく、皆の面倒をよく見る優しい少女。
 しかし、その雰囲気とは裏腹に、彼女は芯の強い独立した大人の女性でもある。
 家計の都合から、悪名高い堂島薫の屋敷にメイドとして勤めることになった。

・穂村悠夏(ほむら ゆうか)
 安曇村にある穂村神社の一人娘。
 何故かサラリーマンというものに憧れを持っている。
 正士の幼なじみで昔から正士に好意を寄せており、最も「彼女」に近い存在である。
 明るく活発で男勝りな所がある反面、正士の言動に過剰に反応する可愛らしい所もある。
 藍と仲が良く、よく一緒に遊んでいる。

・松倉明日菜(まつくら あすな)
 松倉商店の双子姉妹の姉。
 従順で、人と話をするのが怖いのかと思えるほど大人しく、藍以外の誰に対しても敬語で話す。
 本が好きで、一人でいる時は必ずと言ってよいほど本を読んでいる。
 松倉商店の店番をしているため、私服の時はいつもエプロンをつけている。
 不思議なことに文乃とは仲が良いらしく、二人だけで何かを話していることが多い。

・松倉藍(まつくら あい)
 松倉商店の双子姉妹の妹。
 明るく元気で甘えん坊。
 無類の猫好きで、身の回りの物を猫グッズで固めている。
 悠夏をお姉さんとして慕っており、とても仲が良い。
 ある時期を境として正士に甘えるようになった。
 自分達姉妹を放ったらかしにして出稼ぎに行く両親を快く思っていない。

・八車文乃(やぐるま ふみの)
 人目を気にすることなく、ほとんど口を利かない女の子。
 数年前に転入してきたが、それ以上の事は本人が何も言わないため謎が多い。
 不思議な言動で正士を翻弄する。
 時折ひとりで行動しているのを見かけるが、それ以外の時に一体どこで何をしているのか誰も知らない。
 物語の道案内、もしくはこのゲームの裏のヒロイン?

・戒田宗介(かいた そうすけ)
 正士の父親。小説家。
 村の住人達からの信頼が厚い。
 ヤマノカミについての本を書くため、色々とヤマノカミについて調査している。

・穂村辻男(ほむら つじお)
 悠夏の父親。穂村神社の神主。
 村で唯一の医者でもある。

・瀬能英里子(せのう えりこ)
 安曇学園の教師。
 園長であった夫の死後、安曇学園の事実上の責任者である。
 安曇学園を守るために奔走する。

・八車斎臥(やぐるま さいが)
 かつては売れない風景画家であったが、「もだえる女」の発表後、シュールレアリスム派の画家として名声を得た。

・堂島薫(どうじま かおる)
 元代議士。
 彼の周りには悪い噂が尽きない。
 八車斎臥にモデルを提供している。

・堀田武人(ほった たけひと)
 堂島の護衛。部下からの信頼が厚い。

・久萬ヤツ(くまん やつ)
 隣村に住む老婆。
 安曇村の伝承を今に伝える。


Google
ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。匿名で送信できます。

 * 返信が必要な場合には postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp へ直接メールしてください。

水無瀬の部屋 > My Push > ゲーム > 果てしなく青い、この空の下で…。

水無瀬 優 postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp
http://katsura-kotonoha.sakura.ne.jp/push/aozora.shtml

あなたの作った歌をソフトウェアが人間の声で歌う! これぞ近未来のソフトウェア!
これを流行の一言ですませてはいけない! 技術的にもコンセプト的にも凄い!