[PR]

Windows Closer

戻る
概要 / 導入 / 操作 / 引数 / 構成 / サポート

起動方法

 実行ファイル winclose.exe を実行してください。
 タスクトレイに、Windows Closer が常駐していることを示す「閉」と描かれたアイコンが表示されます。

全てのウィンドウを閉じる

 タスクトレイのアイコン「閉」をダブルクリックしてください。
 指定の条件に一致する全てのウィンドウが閉じられます。
 また、このソフトが常駐している状態で再度 winclose.exe を実行することによってもウィンドウを閉じることができます。
 閉じる対象となるウィンドウ条件は「閉」アイコンを右クリックすることによって表示されるメニューから変更することができます。

非アクティブなウィンドウを閉じる

 非アクティブなウィンドウに対して [全てのウィンドウを閉じる] 機能を実行します。
 閉じるウィンドウの条件指定は [全てのウィンドウを閉じる] 機能の設定に従います。
 この機能を利用するには [ホットキーの設定] でホットキーを割り当てる必要があります。

全てのウィンドウを最大化する

 全てのウィンドウを最大化するには、タスクトレイのアイコン「大」をダブルクリックしてください。
 指定の条件に一致する全てのウィンドウが最大化されます。
 この機能を利用するには [常駐の設定] ダイアログの "「ウィンドウを最大化」を使用する" のチェックをオンにする必要があります。
 この機能が有効化されると、タスクトレイに「大」と描かれたアイコンが表示されます。
 最大化する対象となるウィンドウ条件は「大」アイコンを右クリックすることによって表示されるメニューから変更することができます。

全てのウィンドウを最小化する

 全てのウィンドウを最小化するには、タスクトレイのアイコン「小」をダブルクリックしてください。
 指定の条件に一致する全てのウィンドウが最小化されます。
 この機能を利用するには [常駐の設定] ダイアログの "「ウィンドウを最小化」を使用する" のチェックをオンにする必要があります。
 この機能が有効化されると、タスクトレイに「小」と描かれたアイコンが表示されます。
 最小化する対象となるウィンドウ条件は「小」アイコンを右クリックすることによって表示されるメニューから変更することができます。

全てのウィンドウを元のサイズに戻す

 全てのウィンドウを元のサイズに戻すには、タスクトレイのアイコン「元」をダブルクリックしてください。
 指定の条件に一致する全てのウィンドウが通常のサイズに戻ります。
 この機能を利用するには [常駐の設定] ダイアログの "「ウィンドウを元に戻す」を使用する" のチェックをオンにする必要があります。
 この機能が有効化されると、タスクトレイに「元」と描かれたアイコンが表示されます。
 元のサイズに戻す対象となるウィンドウ条件は「元」アイコンを右クリックすることによって表示されるメニューから変更することができます。

終了方法

 タスクトレイに表示された「閉」「大」「小」「元」いずれかのアイコンをマウスの右ボタンでクリックし、表示されたメニューから「終了(Q)」を選択してください。


水無瀬 優 postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp
IDGは全世界85カ国でIT関連雑誌を発行する出版社です。