[PR]

HTML文書にファイルの最終更新日時を挿入する

戻る

 文書中にファイルの最終更新日時を挿入するためには flastmod コマンド、もしくは echo コマンドを使う。
 echo コマンドでは、自分自身の最終更新日時を挿入することができる。
 flastmod コマンドでは、任意のファイルの最終更新日時を挿入することができる。

echo

 <!--#echo var="LAST_MODIFIED"-->

 echo コマンドの var パラメタに LAST_MODIFIED を指定した場合、echo コマンドは自分自身の最終更新日時を出力する。

flastmod

 <!--#flastmod file="相対パス"-->
 <!--#flastmod virtual="絶対パス"-->

 flastmod コマンドは、指定したファイルの最終更新日時を出力する。
 file パラメタに指定できるファイルは、カレントパスにあるファイルと、カレントパスよりも下にあるファイルだけである。
 それ以外のファイルの最終更新日時を挿入したい場合には virtual パラメタを使う。
 日時情報の出力形式は config コマンドの timefmt パラメタを使って指定することができる。

timefmt

 <!--#config timefmt="書式指定文字列" -->

 日時情報の出力形式を指定する。

文字意味表示例
%a 曜日の省略名 Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat
%A 曜日の正式名 Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Saturday
%b 月の省略名 Jun., Feb., Mar., Apr., May, Jun., Jul., Aug., Sep., Oct., Nov., Dec.
%B 月の正式名 Junuary, February, March, April, May, June, July, August, September, October, November, December
%c 月/日/年 時:分:秒 12/31/99 23:59:59
%d 1-30
%H 24時間 0-23
%I 12時間 0-11
%j 年頭日 1-366
%m 01-12
%M 00-59
%p AM/PM AM, PM
%S 00-59
%w 曜日番号 0-6
%x 月/日/年 12/31/99
%X 時:分:秒 23:59:59
%y 00-99
%Y 0000-9999
%Z タイムゾーン JST

echo と flastmod の使用例

 <!--#echo var="LAST_MODIFIED"-->
 Thursday, 28-Oct-2010 03:30:36 JST

 <!--#config timefmt="%y/%m/%d %H:%M"--><!--#flastmod file="tip00002.shtml"-->
 10/10/28 03:30

 <!--#config timefmt="%A, %y/%m/%d %H:%M:%S"--><!--#flastmod virtual="/prog/cgi/tip00002.htm"-->
 Thursday, 10/10/28 03:30:36

関連

HTML文書にファイルサイズを挿入する
HTML文書に現在日時を挿入する
HTML文書に自分自身のパス名・ファイル名を挿入する
HTML文書にファイルを挿入する



Google
ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。匿名で送信できます。

 * 返信が必要な場合には postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp へ直接メールしてください。

水無瀬 優 postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp

>> 扉の外 I / II / III