[PR]

HTML文書にファイルを挿入する

戻る

 文書中に、他のファイルの内容を挿入するためには include コマンドを使う。

 <!--#include file="相対パス"-->
 <!--#include virtual="絶対パス"-->

 include コマンドは、指定したファイルの内容を出力する。
 file パラメタに指定できるファイルは、カレントパスにあるファイルと、カレントパスよりも下にあるファイルだけである。
 それ以外のファイルをインクルードしたい場合には virtual パラメタを使う。

include の使用例

 <!--#include file="include.txt"-->
 ここに表示されている文章は、ファイル include.txt に保存されています。

 <!--#include virtual="/~sinzan/prog/cgi/include.txt"-->
[an error occurred while processing this directive]

関連

HTML文書にファイルサイズを挿入する
HTML文書にファイルの最終更新日時を挿入する
HTML文書に現在日時を挿入する
HTML文書に自分自身のパス名・ファイル名を挿入する


Google
ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。匿名で送信できます。

 * 返信が必要な場合には postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp へ直接メールしてください。

水無瀬 優 postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp
IDGは全世界85カ国でIT関連雑誌を発行する出版社です。