[PR]

システムメニューの項目を変更する

戻る

 システムメニューのメニューハンドルは、関数 GetSystemMenu() の第2引数に FALSE を指定することで取得できます。
 取得したメニューハンドルを使って、システムメニューを表示したり、項目を追加・削除・無効化することができます。
 変更されたシステムメニューは、関数 GetSystemMenu() の第2引数に TRUE を指定することで初期状態に戻すことができます。

 システムメニューに項目を追加する場合は、追加する項目に 0xF000 より小さいメニューIDを指定してください。
 0xF000 以上のメニューIDは「最小化」「最大化」「閉じる」といった登録済みシステムメニュー項目によって予約されています。
 システムメニューに追加した項目が選択されると、メッセージ WM_SYSCOMMAND が送信されます。

 また、システムメニューの「最小化」「最大化」「閉じる」といった登録済みシステムメニュー項目を無効化することで、タイトルバー右隅のボタン[_][□][×]を無効化することもできます。

関連

メニュー項目の整合性を維持する


Google
ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。匿名で送信できます。

 * 返信が必要な場合には postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp へ直接メールしてください。

水無瀬 優 postmaster@katsura-kotonoha.sakura.ne.jp